Illustratorの基本操作

Illustratorの初心者向け解説サイト。

広告

Adobe Illustrator ツールパネル 選択ツール

選択ツールで拡大や縮小をする

選択ツールとは

選択ツールはツールパネルにある黒い矢印のようなマークでおそらく1番よく使うであろう基本のツールです。

オブジェクトを選択したり、ドラッグ、拡大縮小など基本的な作業には欠かせません。

選択ツール

この「選択ツール」でオブジェクトを選択します。

選択するとバウンディングボックス(オブジェクトの周りに表示される枠)が表示されるのでいま何を選択しているかわかります。

拡大や縮小

バウンディングボックスをよく見ると小さな四角が8か所あることがわかります。

バウンディングボックス

この四角の部分をハンドルといいます。ハンドルを外側にドラッグするとオブジェクトを拡大、内側にドラッグすると縮小することができます。

拡大

ドラッグしてオブジェクトを拡大、縮小などすると元の形が歪んでしまいます。

比率を保ったまま拡大・縮小

もし、幅と高さの比率を保ったまま拡大や縮小をしたい場合はShiftを押しながらハンドルをドラッグしましょう。オブジェクトの比率を保ったまま拡大縮小できるので大変便利です。

また、ShiftとAltの2つのキーを押しながらドラッグするとオブジェクトの中心を基準に拡大や縮小ができます。

ちなみにAltのみ押しながらハンドルをドラッグするとオブジェクトの中心を基準に縦長、もしくは横長に拡大したり縮小したりできます。

コピーしてペーストする

今度はバウンディングボックスのハンドルではなく、オブジェクト自体をドラッグする場合にAltを押しながらドラッグしてみましょう。
すると、もとのオブジェクトはそのままでドラッグした場所に同じオブジェクトをコピペすることができます。

コピペ

AltとShiftを押しながらドラッグすると、45度ごとの角度でドラッグしてコピペできます。

水平方向にドラッグしたい、垂直方向にドラッグしたいという場合に便利です。

バウンディングボックスの表示について

ちなみにバウンディングボックスを隠すということもできます。

バウンディングボックスを隠す

バウンディングボックスを隠すとこのようになります。

バウンディングボックスを表示する場合は「表示」→「バウンディングボックスを表示」を選び、隠したい場合は「表示」→「バウンディングボックスを隠す」を選びます。

もし、オブジェクトを選択してバウンディングボックスが表示されない場合は確認してみましょう。

-Adobe, Illustrator, ツールパネル, 選択ツール
-, , , ,