Illustratorの基本操作

Illustratorの初心者向け解説サイト。

広告

Adobe Illustrator ダイレクト選択ツール ツールパネル

ダイレクト選択ツールを使用する

今回はダイレクト選択ツールを使用します。

ダイレクト選択ツール

ダイレクト選択ツールは白色で選択ツールと同じマークの色違いになります。

同じマークの色違いという事でわかりやすいですが選択ツールと似た役割を持っています。

選択ツールがオブジェクト全体を選択するのに比べ、ダイレクト選択ツールでは部分的に選択をすることができます。オブジェクトのコーナーポイントを1か所だけ選択する、コーナーウィジットを1か所だけ選択するなど可能です。もちろん1か所だけじゃなく複数のコーナーポイントを選択したりもできます。

では、ためしにダイレクト選択ツールを使用してみましょう。

四角

ためしに四角いオブジェクトを作成しました。

ダイレクト選択ツールでクリックして選択します。今の状態は4隅のコーナーポイントすべてが選択されています。

では、左上のコーナーポイントをクリックしてみましょう。

コーナーポイント

左上のポイントのみ選択できました。

ドラッグするとオブジェクトを変形させることができます。

ちなみにShiftをおしながらドラッグすると水平方向、垂直方向、45度といった区切りのいい角度でドラッグすることができます。

次にコーナーウィジットをドラッグさせてみましょう。

ためしに星の形のオブジェクトを作成します。

コーナーウィジットを1か所だけドラッグしました。

このように部分的に変形させることが可能です。

いろいろな場面で部分的に変形させる事ができるので大変便利です。

今度は直線のパスを引いてみました。

先端を選択してドラッグします。

パスを伸ばすことができました。今回は水平に伸ばしたかったのでShiftを押しながら右方向にドラッグしました。

以上でダイレクト選択ツールの紹介を終わります。

-Adobe, Illustrator, ダイレクト選択ツール, ツールパネル