Illustratorの基本操作

Illustratorの初心者向け解説サイト。

広告

Adobe Illustrator ツールパネル 楕円形ツール 選択ツール

楕円形ツールを使用して円を作る

楕円形ツールを使用して円を作成してみようと思います。

楕円形ツールはツールパネルにあり、その名の通り楕円のマークになっています。

楕円を作成する

楕円を作成

※もし違う形のマークになっている場合はマークを長押しするとその他のマークが表示されるのでそこから選びます。

楕円形ツールを選択して画面上をドラッグすると楕円形を作成することが出来ます。

上の画像のようにドラッグする方向で横長の楕円になったり、縦長の楕円を作成したりすることができます。

楕円の拡大

作成した楕円のバウンディングボックス(四角い囲いの四隅と中間にある四角いマーク)をドラッグすると拡大や縮小が出来ます。

外側にドラッグで拡大、内側方向にドラッグで縮小できます。またドラッグする際にShiftを押しながらドラッグすると現在の幅と高さの比率を保ちながら拡大や縮小することが出来ます。

正円を作成する

では、また新たに円を作成してみます。

正円を作成

今度は楕円形ツールで画面上をドラッグする際にShiftを押しながらドラッグしました。

すると正円を作成することができます。

このようにShiftを押しながらドラッグすることできれいな正円を作成することが可能です。

数値指定で円を作成する

今度は円の幅や高さを数値指定して作成してみましょう。

楕円の幅と高さを数値指定

楕円形ツールで今度は画面上をクリックします。

すると楕円形のダイアログボックスが表示され幅と高さの数値を入力できるようになります。

数値入力してOKすることで正確な数値の円を描くことが出来ます。

楕円の縦横比を固定する

楕円の縦横比を固定

楕円形の数値入力の際に右側に鎖のようなマークがあります。

ここをクリックすると鎖が繋がったようなマークになるのですがこれによって縦横比を固定することが可能です。

試しにいま幅200mm高さ200mmの状態で縦横比を固定してみます。

数値が連動する

縦横比が固定された状態で幅を200mmから600mmに変更してみました。

すると高さの数値も600mmに自動的に変更されています。

この様に縦横比を固定することで、片方の数値変更を行うともう片方の数値も比率を保った状態の数値に自動的に変更してくれるので便利です。

円弧の長さを変える

今度は円弧の長さを変更してみます。

円弧を変える丸い印

比較的新しい機能なのですが、円を選択するとバウンディングボックス以外に丸いマークが出っ張って表示されていることがわかります。

この丸いマークをドラッグすることで円弧の長さを調整することが可能です。

ではこのマークを上に円に沿うような感じでドラッグしてみます。

円弧の長さが変わった

するとドラッグした分の円弧部分が欠けたような形になります。

このように円が欠けたような形が簡単に作成することができます。

ドラッグしたことで丸いマークが上下にありますがこれはどちらでもドラッグ可能です。

ドラッグして扇形にする

では、今度は下側の丸いマークをドラッグしてみます。

ぐるっと円を描くようにドラッグして扇のような形を作成することが出来ました。

非常に便利な機能ですね。

以上で楕円形ツールの紹介を終わります。

-Adobe, Illustrator, ツールパネル, 楕円形ツール, 選択ツール
-, , , , ,