Illustratorの基本操作

Illustratorの初心者向け解説サイト。

広告

Adobe Illustrator Shaperツール ツールパネル

Shaperツールで基本的な図形をドラッグのみで作成する

Shaperツールを使用すると手書きのような感覚で画面上をドラッグするだけで基本的な図形を作成することができます。

Shaperツール

ツールパネルにある、円と鉛筆のようなマークがShaperツール(シェイパーツール)です。

ドラッグで円を描く

まず画面上にShaperツールでドラッグしてみます。今回は円を描きました。

描いてる最中は手描きなのでちょっとガタついた円になっています。

正円になる

ですがドラッグし終わってマウスから指を離すと先程までガタガタしていた円がきれいな正円となります。

同じ要領で他の図形も作成することが出来ます。

四角形を手描き

今度はドラッグで四角を描きました。

綺麗な線の四角形

マウスから指を離すと綺麗な線の四角形になります。

Shaperツールで作成した図形

ドラッグすることで上のような基本的な図形が簡単に作成できます。(直線も描くことができます)

通常のオブジェクトと同じ

Shaperツールで作成した図形は、長方形ツールや多角形ツール、円ツールなどで作成した場合と同じで通常のオブジェクトです。

なので選択ツールで選択するとコーナーウィジットで角丸にしたり、マークをドラッグして図形の辺の数を変えることが可能です。

Shaperツールで削除

Shaperツールで作成した後にやっぱり削除したいとなった時にも簡単に削除ができます。

Shaperツールでオブジェクトをはみ出るような感じでギザギザにドラッグします。(雷のようなギザギザ)

削除された

削除されました。

このようにShaperツール使用中に削除したい場合は簡単に削除できて便利です。

たまにShaperで描いたら予想とちがう図形になることもあるので削除方法を知っておくと便利です。

他にもShaperツールには便利な使用法があるので次回紹介いたします。

-Adobe, Illustrator, Shaperツール, ツールパネル
-, , , , , , , , , ,